この度8年振りとなるアルバムをリリースしました。
その名も「はじまりの想い」
タイトルの通り、ここに来るまでのなんとも色とりどりな体験をさせてもらった道のりの中、時には見失い、時にはないがしろにしながらも、おそらくずっと変わらずわたしの核に在ったであろう「はじまりの想い」から生まれた作品たちです

 

ご購入後のオススメの聴き方:爆音

さとうさちこNew Album
「はじまりの想い」
¥2500(税込)

とび魚
するり

MAMA

しあわせのパン
午後の静けさの中で
scene of one day

あの日のこと

不眠症

かすれた声

エヴリデイズ

はじまりの想い


さとうさちこ Vo.Guiter

椎野恭一 Drum
伊賀航 Bass

とび魚 - さとうさちこ
00:00 / 00:00
MAMA - さとうさちこ
00:00 / 00:00

とび魚

初めて沖縄で泳いだ海のイメージ

ずっと濁った海しか知らなかった私にとって、その透明感は海ではなく水という表現がぴったりでした。

​椎野くんの水のようにスムージーなドラムとともにどうぞ。

するり

自分の中にあるあのドロドロとこびりついた闇は光に当ててみると意外とするりと空に浮かんで消えるのかもしれません。

MAMA

初めて作ったオリジナル曲。

一時消えかけたこの曲の中の少女は最近今もまだいるんだなぁって思います。

 

しあわせのパン

言わずと知れたチコパンの曲。

丁寧に込めた想いはちゃんと伝わるってことを教えてくれたパン。

チコパンのようなアルバムになったらいいな。

 

午後の静けさの中で

午後のひととき、窓の外は明るくて、部屋の中は暗くて、時空の違う花瓶の中の世界に侵食された日。

伊賀さんのスペクタクルなwベースアレンジとともにどうぞ。

scene of one day

こう見えてわたし夏生まれなんです。

蜃気楼のようにゆらゆらとしたある日の景色(シーン)。

あの日のこと

ある日ふと目に入ってきた何気ない風景からずいぶんと壮大に(?)繰り広げられた一曲。

とある場所、とある空気感、とある景色、とある音楽、なんだかわからないけどそんなとある何かに触れた時、ふと降りてくる感覚があります。
この曲のサウンドもそのひとつ。

不眠症

咳風邪をひいて3日間眠れなかった時の曲。

寝れないってつらい。

 

かすれた声

声フェチです。

普段直接話しをしてる人と電話で話してみると、印象がガラッと変わったりします。

多分声だけから情報を得ようとするからなんだろう。すると意外とこの人優しいんだなとか、冷たそうだな、とか、真面目そうだな、とか明るそうだな、とか、以外と暗そうだな、とかいろんなことを思ったりする。

声って雄弁。

 

エブリデイズ

ビデオって言葉が出てきてる時点で結構古い曲だってことがわかります。

この曲のような想いはリアルではほとんど(全く?)無くなってしまったけど(良い意味で)、こういう気持ちに触れるとキュンとする心はまだ持ってます。

 

はじまりの想い

このアルバムを作ってる最中の春分の日に出来た曲、

なのでこれだけ弾き語り一発(なのに唯一ちょっとだけ声を重ねた曲)

宮崎駿氏の映画のエンディング曲にいかがかなと(強く)思っている。