Joni Mitchell をTributeしてLiveするということ(変態ゆえの喜びについて)

4回目の Joni Allstars Night


ジョニのカバーをしてると、よくそんな難しい歌覚えられるね、と言われます。


そう、それはまるで禅寺の修行像のような取り組み。


例えばコヨーテなんて歌詞は多いし、1番2番3番4番ぜーんぶ歌詞も歌い回しも違うし、言葉の入り方が複雑で、歌詞を見てても全然その通りに聞こえてこなくて、何度泣きそうになったか分かりません。


これは永遠に覚えられないのではないか、、、


そんな不吉な思いを頭にのぼらせつつも、少しずつ地道に進めていくと、そのうちちょっとしたコツみたいなものを掴んでくるんですね。


まず少しでもイラっとすると、覚えるという行為に支障をきたすことがわかったので(ちなみに覚える部分は頭ではなくて、身体だということも分かりました)、ひたすら禅を組む修行僧のように、感情が乱れぬよう落ち着かせ、ただ何も考えず口を動かしぶつぶつぶつぶつと、同じ箇所を何度も繰り返す。


そしてその部分が体に入ったなと思ったら次のフレーズに移る。


で、しばらく進むと前のを忘れるからまた戻ってぶつぶつ言う。


を繰り返してるうちに、1番通して歌えるくらいになってくる。


そしたら2番に向かう。


というやり方を編み出しました。


地道でしょ。


褒めても良いですよ。


まぁおかげさまで、今ではジョニ以外の人の曲を新たに覚えるのは、全く苦じゃなくなりました。


ジョニさまありがとう。


そしてジョニの曲も、最近ではもう少し早く楽に覚えられるようなっている。


人間って進化するんですね。


と、とっても大変なジョニのカバー。


ただそんなこんなな思いをして、歌えるようになったその暁の気持ちよさったら、半端ないわけです。


わたしはジョニの表現する世界が大好き。


そしてとても美しいなぁと思う。


人間という形態だからこその、生み出されるさまざまな感情を、ジョニの独特な視点を通して描かれる世界。


光も影も浮き彫りにする視座。


言葉とメロディ。


そしてリズムと音の重なり。


ジョニの曲を歌ってると、ジョニの感性とわたしの感性がこんにちはして、


広がるんです。


景色がね。


それがまた美しくて。


堪らないです。


なのでちょっとくらい修行僧になるのなんて、屁でもないんですね。


実は。


というか、その大変さが喜びだったり(その部分はM気質)


しかもそれをバンドでできるなんて。


奇跡のようだとも思います(もう変態の集まりです)。


だって私だけじゃなくて、メンバーそれぞれ各パートで、そんな取り組みをしつつ美しい音を響かせてるわけですから。


そしてまたその美しさをお客さんと共有できる。


サイコーか。


変態サイコー。


というわけで、


次回のバンドバージョンは11月23日。


また高円寺ジロキチさんで。


またジロキチも素晴らしいライブハウスなんですよ。


と、長くなりそうだから、その素晴らしさを語るのはまたそのうち。


今回のライブの様子も今日から3日間ジロキチさんのYouTubeで観れます。


https://www.youtube.com/c/LiveMusicJIROKICHI


あと売りチケットもよろしくね。


愛の循環になります。


https://jirokichi.official.ec/


11月までにさらに変態性を上げて(なんか変態の話になっちゃったけど)さらに変態ジョニさまの世界を変態にお届けしたい。


そんな所存でございます。


変態な皆さま、またお会いしましょう。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square